Wine Industry

地域に根ざしたワイン産業の創造

エリア : 弘前

テーマ : 農業 / フード / コミュニティ

プロジェクト概要

弘前でイタリアンレストランを経営する傍ら、自ら野菜や生ハム・チーズ・ワインまでつくっている笹森通彰氏。弘前の地で本格的にワインづくりを進め、将来的には弘前の一大産業にまで発展する可能性を感じている。そのビジョンを共有し、ブドウ栽培からワイン醸造、流通やワイン消費の文化醸成に至るまで、笹森氏の元で修業をしながら弘前のワイン産業を育てていくための人材を求めています。
日本ワインが世界的にも注目されるようになり、その定義などが整備されつつある今、素材や環境にもこだわるワインづくりには大きな可能性があります。日本ワインの産地としてまだ未開拓である弘前には多くの可能性が残されています。未来をともに構想し、多くの人が集まる弘前の一大産業とするために、新たなワインの中心地をつくっていきましょう。

説明会に参加する

目指す未来

・弘前産のワインが日本のみならず海外においても注目されている
・いくつものワイン醸造所が生まれ新たな産業となっている
・地元の農家を含めた生産者たちのネットワークができている
・ワインを求めて多くの人が訪れるようになる

求める人材

・農業やワインづくりの知識、経験あるいは意欲がある
・食や環境、プロセスなどあらゆることにこだわりを持っている
・広い視点、長い目で産業創出に取り組むことができる

パートナー

笹森通彰(料理人)

1973年青森県弘前市生まれ。仙台のイタリア料理店で料理に目覚め3年勤める。その後3年間、都内の有名店などで修行し、2001年1月に渡伊。ミシュラン2つ星レストラン「ドラーダ」「アルノルフォ」をはじめ各地で2年半修行。 2003年6月帰国。同年8月、30歳を機に、弘前にイタリアンレストラン「オステリアエノテカ ダ・サスィーノ」をオープン。
料理だけではなく、自ら野菜や生ハム、チーズ、ワインまでを素材から作り出す姿勢が全国から注目され、数々の雑誌やTV「情熱大陸」など、多数のメディアに取り上げられる。