Local Distribution

新たな魅力を流通させる地域商社

エリア : 弘前

テーマ : 農業 / 流通

プロジェクト概要

地元の一次産品の生産&消費事情に精通し、生産者や消費者とネットワークを築きながら各ニーズに対応し、地域産品の可能性を最大限引き出せる地域商社のような存在は非常に魅力的です。

大手スーパーやコンビニで食材がいつでも当たり前に並ぶ現代。季節問わず規格に沿った「商品の一つ」として流通されるため、おいしい時期や生産者の顔やこだわりを伝えることが難しくなりました。しかし近年、自分たちが口にする食べ物に対しての意識が変わってきている人が多くおり、その背景について知りたいと考える人も増えています。

NCL弘前のある青森県は、自給率100%を超える全国でも有数な食料供給県。生産量日本一のりんごといった果実類以外にも、米、野菜、肉類、魚介類などバランスよく生産しており、かつその品質は非常に高く評価されています。

そのような地域だからこそ、新しい挑戦をしたり、珍しい品種を栽培したり、在来品種を栽培生産している生産者と、消費者とをつなぐ地域商社のような存在は求められています。既存の流通にはのっていない宝のような地域産品は青森にはまだまだたくさんあり、それを発見する面白さもあります。

弘前を中心に事業展開を手がける『ひろさきマーケット』の高橋信勝氏のもとで学びながら、新たな事業開発と消費・流通文化の創造に向けて動いていきます。

説明会に参加する

目指す未来

・地域で作られたモノが地域の利益に還元される
・青森県産品が全国の事業者から引き合いがある
・消費者においしい+αが届いている
・見た目、価格だけで判断されない市場ができている

求める人材

マーケティングプロデューサー 
・マーケットを理解し、商品開発〜効果的な流通などを手がける
・地域の魅力を商品開発やパッケージなどに活かすことができる
・経営的視点から持続的な事業設計ができる
・地域に根ざし持続的なものづくりや価値創造に関心がある

パートナー

高橋信勝(合同会社ひろさきマーケット 代表社員)

合同会社ひろさきマーケットは、会社理念の『三方良し』の考えのもと
(1)お客様とブランド農家の方を繋ぎ、喜んでいただけること
(2)生産者の方のこだわりや様々な想いが詰まった野菜をお客様にしっかりとお届すること
この2点が我々の役目であり、責務だと考えております。
いい食材は、人の心を豊かにします。我々はそう信じ、今日も全力で人と、食材と、向き合います。

弘前経済新聞に掲載された対談記事を読む