Center for Sustainability

サスティナビリティセンター

エリア : 南三陸

テーマ : 教育 / その他

プロジェクト概要

南三陸町には海洋生態の調査と研究を行う町営の「自然環境活用センター」がありました。サステナビリティセンターはその機能を継承し、森・里・海・まちの連関や、地域資源の強みを科学的・経済学的な研究アプローチで調査・解明していきます。
今回募集するコミュニケーターは、研究者との橋渡し役となり、課題解決の具体的な目標から逆算したプロジェクトを設計。研究から得られた結果を、どんな人にもわかりやすいコンテンツとして編集し、学びのコンテンツを提供したり、自然体験や展示企画などに活用していきます。
また東北大学をはじめとする様々な分野の研究者、また森里海や資源循環に関わる漁師や林業者、漁協や森林組合、町役場など多くの関係者をつなぎ、持続可能な循環型社会に向けた”行動につながる学び”を作っていきます。
例えば、国際認証ASCの牡蠣による養殖を維持するために、水や栄養分が海に至るまでの森・里の研究を行い、消費者にとっての付加価値やブランドに繋がるようなエビデンスを明らかにする。また地域で必要とされる電気や熱といったエネルギーを可能な限り地域内で生み出せるような、エネルギーのソリューション選定(木質バイオマスor太陽光or風力)に関して研究者を巻き込み、民間事業者や町とともに推進します。こうしたプロジェクトの過程や結果で得られた知恵を、地元の子ども達や産業人、またはこの地への来訪者に還元し、持続可能な社会の担い手作りを推進します。

-条件-
活動支援金:250,000~300,000円/月(能力、経験によって決定)
※社会保険、雇用保険、住宅補助、自動車貸与あり、コワーキングスペース使用可


説明会に参加する

目指す未来

・持続可能な社会づくりについての先端的な研究が、大学や研究所を巻き込みながら常に行われている
・南三陸で研究された実践的なモデルが日本各地に展開されている
・地元産業の振興に、センターを通じた大学や企業との共同研究が活かされている

求める人材

・循環型社会、持続可能社会の実現に情熱を持てる
・大学や研究者の研究内容や目的を理解し、それが地域の課題解決や産業創出にどのように結びつくかを見出せる
・自ら積極的に顧客を開拓するバイタリティーを持つ

パートナー

太齋彰浩氏(一般社団法人サスティナビリティセンター 代表理事)

民間の研究所で、海洋生物・生態学研究を行った後、地域密着型の環境教育活動を志し南三陸町へ移住。「自然環境活用センター」にて志津川湾の生態系研究と学びをキーワードに年間数千人の交流人口を創出。東日本大震災後は、行政職員として南三陸町バイオマス産業都市構想などの町の計画を立案。総合戦略立案に向け、ファシリテーターとして前向きで活発な議論の場を創出した。森里海の課題を解決する地域資源プラットフォーム構想を発案し、行政と民間の委員による2年間の議論を経て、平成30年4月一般社団法人サスティナビリティセンター設立。 プロダイバー。趣味はお酒、特に日本酒とワインを好む。南三陸の自宅は居酒屋太齋と呼ばれ、持続可能な社会作りに向けたプロジェクトを熱く議論する場となっている。

新井元行(合同会社イーツーエヌラボ代表)

工学博士/イノベーションコーディネーター。コンサルティングファーム、東京大学、ベンチャーでの事業・研究、また途上国/新興国における滞在経験を活かして、志のある企業のCSV事業構築を支援。収益事業によって継続的に社会課題が解決される経済の実現を目指す。再生可能エネルギーを中心とする技術的知見、経済・社会システム分析のスキル、また多岐にわたる人的ネットワークを活用し、新規事業・技術戦略の策定・実行におけるコンサルティングを実施。