Next-generation learning

テクノロジーを軸とした次世代学習

エリア : 愛荘

テーマ : コミュニティ / テクノロジー / 学び

プロジェクト概要

小学校からのプログラミング教育が必修となるなど、日本の教育は変化の最中にありますが、その恩恵を測るにはまだまだ多くの検証と時間が必要でしょう。しかし世界は想像を超える速さで変化しており、イノベーションのスピードと学校の変化があまりにかけ離れていること自体が課題となっています。それは国や地域を問わず、すべての子どもたちに関わることです。
STEM教育あるいはSTEAM(Science=科学、Technology=技術、Engineering=工学・ものづくり、Art=芸術・リベラルアーツ、Mathematics=数学)などとも呼ばれ、世界各地で実践されている教育方針があります。これは知識や技術を覚えるだけではく、自ら学ぶ力(理解し、考え、判断する)を身に付けるための横断的な学習です。また知識や技術を使って、自分自身や社会に対してどう働きかけるべきか、一人ひとりの生き方の指針となるような学習でもあります。民間企業が独自にプログラムを開発して実施しているケースもあり、そのニーズは日本においても高まっているようです。
愛荘町において、STEAM教育などの横断的な学習を念頭に、自ら手を動かしながら学ぶ機会と居場所を作りたいと考えています。地元の中学校や高校とも連携をはかり、地域の企業や専門家を巻き込みながら、子どもだけでなく大人も含め、学年や世代の垣根を超えたつながりと、学びのための環境。プログラミングなどデジタル技術をベースに、ものづくりやディスカッションなど、様々な経験を通して自ら学ぶ人が集う場所を目指したい。そんな起業家を募集します。
プログラマーやエンジニアなどの技術者としての経験があれば望ましいですが、必ずしも専門的な知見が必要ではありません。そうした様々な分野への高い関心と、熱意のある方を求めています。


説明会に参加する



目指す未来

・子どもたちをはじめとして、多くの住民が主体的に学べる環境がある
・子どもたちの居場所があり、多世代間でのつながりが生まれる
・学生生活や学校の取り組みを支援し、子どもたちの将来の選択肢が増える

求める人材

・テクノロジーや教育に関する知識や経験、様々な分野への関心がある
・高いコミュニケーション能力と意欲がある
・柔軟な発想とアイデアを持って恐れずチャレンジできる

パートナー

NCL愛荘事務局

滋賀県愛荘町は近江商人の三方よし(売り手良し、買い手良し、世間良し)の精神を引き継ぐ地であり、かつて中山道の宿場として賑わいがあったまちです。そうした歴史的な背景からも、ここには人が集まり賑わいを生み出す可能性が十分にあります。
このまちを舞台にコーディネーターが、地元企業、行政、住民との対話を通じて、地域の魅力を発掘し、様々なプロジェクトを立ち上げていきます。そして、起業家がフルスイングでチャレンジし、新たな価値創造ができる環境作りをサポートしていきます。
https://nextcommonslab.jp/network/aisho/

募集の詳細

職種

起業家 / NCLラボメンバー

勤務地

滋賀 >愛荘町

業務内容

各プロジェクトに準ずる

契約形態

業務委託契約

活動支援金

起業・独立するための支援金として、毎月233,000円の報償費を最大3年間支給します。
※報償費は地域おこし協力隊制度の運用に則り変動する場合があります
※プロジェクトを通して起業もしくは共同創業し、支援期間中であっても収益を得ることができます

期間

原則1年毎にプロジェクトの取組状況・成果を勘案し、最大3年まで延長可

目的

各プロジェクトで設定されたテーマや課題に対し取り組み、事業化や起業へと繋げるべく成果をあげてください。

応募資格

本プロジェクトは地域おこし協力隊制度を活用するため、以下の条件を満たす必要があります。

・3大都市圏内・外に限らず、都市地域および政令指定都市にお住まいの方
(全部条件不利地域*の方は対象となりません。また、一部条件不利地域にお住まいの方は区域によって異なります)
・採用後は町内の該当地域に住民票を異動していただける方

*特別交付税措置に係る地域要件確認表
https://www.soumu.go.jp/main_content/000717676.pdf

提出書類

応募に際しては、以下の書類をご提出いただきます

1.履歴書
 ※写真を必ず添付してください
 ※必ず携帯以外のメールアドレス(フリーメール可)を記入のこと
 ※PDF形式でご提出ください
2.職務経歴書
 ※PDF形式でご提出ください
3.事業計画書/企画書(様式自由)
※以下の内容を含む
・将来的に自身で立ち上げたいと考えているビジネスやプロジェクトについて、企画背景、企画概要、コンセプト、スケジュール、収支計画、事業体制などを記載のこと
・ その他自身の経験やスキルを活かせる分野、関心の高い分野について記載のこと
※PDF形式でご提出ください
※提出して頂いた応募書類は返却致しません
※事業計画書:参考(日本政策金融公庫)
https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

応募締切

11月30日まで(採用が決まらない場合、追加募集を行います)

選考ステップ

1. エントリー
随時受付 ※着任が決定した場合は、受付終了となることがございますので、あらかじめご了承ください

2. 書類選考

3. 一次選考
東京・大阪・オンラインなどにて一次選考を行います。

4. 二次面接
現地にて二次面接を行います。

5. 最終面接
各自治体と現地にて面接を行います。

6. 内定

*面接の結果は面接後2週間程度で、メールにてお知らせいたします。
*個別の合否理由についてはお答えしておりませんのでご了承ください。
*2次面接及び最終面接は現地にて開催いたします。
*面接会場までの交通費や滞在にかかる費用はご自身でご負担いただきます。