Social Business Open Laboratory

ソーシャルビジネスを形にする開かれたラボ

エリア : 南相馬

テーマ : コミュニティ / 教育 / その他

プロジェクト概要

いま、大企業が人材育成の場として南相馬を選んでいます。20年先の社会課題を先取りしているともいわれる現場において、社会と企業の双方に新しい価値を創り出す人材を育成すべく、新入社員から幹部社員まで多くの企業人が南相馬で研修を行っているのです。
一般社団法人あすびと福島は、4年間で約2500人もの企業人に独自の研修プログラムを提供し、評価を得てきました。その実績とネットワークを進化させ、社会課題を解決するソーシャルビジネスを共創するための開かれたラボを立ち上げます。人材育成の取り組みからさらに一歩踏み出し、実際のビジネスへとつながる仕組みを実装していきます。
課題先進地域・南相馬をフィールドに、CSV(Creating Shared Value)に取り組む企業と、新しい価値を創り出す公民連携プラットフォームづくりに動きだした南相馬市、そしてあすびと福島とが協働することで、今後あらゆる地域が直面する社会課題を解決へと導く、多くのプロトタイプ事業が創造されるでしょう。
今回募集する起業家は、あすびと福島のいわば社内起業家としてラボを立ち上げ、ソーシャルビジネスを共創するプロセスを体験しながら学び、自らもあらたなビジネスを立ち上げます。

説明会に参加する

目指す未来

・南相馬が先取りした社会課題の解決に対してプロジェクトベースで取り組む複数の企業がラボに参加し、新しい価値を共創する公民の連携ネットワークが生まれている
・ラボから多数のソーシャルビジネスが生まれ、同様の社会課題に直面する他地域の解決モデルとなっていく
・地域の課題解決を通して、地方と都市の新しい共創関係が築かれていく
・ラボの各プロジェクトに学生が参加し成長の場としていくことで、新しい未来を創造する若手アントレプレナーが輩出されていく

求める人材

・コミュニケーション能力が高く、自治体や大企業とのビジネスの経験がある
・地域の課題や資源、可能性からプロジェクトの種を見つけ、あすびと福島と連携しながら、自ら積極的に南相馬市や企業の協力を得てビジネスを創ることができる

パートナー

半谷栄寿(一般社団法人あすびと福島 代表理事)

福島県南相馬市小高区出身。1978年東京電力入社。環境NPOオフィス町内会、Jヴィレッジなど新規事業を立ち上げる。2010年執行役員を退任。2011年原子力事故への責任と地元復興への想いから、体験学習拠点「南相馬ソーラー・アグリパーク」を2013年にオープン。2014年高校生の社会起業塾「あすびと塾」を福島市で開講し「高校生が伝えるふくしま食べる通信」を2015年に創刊。2016年福島県出身の大学生を対象に社会起業塾を東京で開講。農業経営人材の育成を目的に、南相馬トマト菜園を創業。一貫して、長期を要する福島復興を担う人材の育成に取り組む。