Local SystemEngineer

暮らしをアップデートする、地域のシステムエンジニア

エリア : 南相馬

テーマ : テクノロジー / まちづくり

プロジェクト概要

政府は、人手不足や少子高齢化などへの対策として、シェアリングエコノミーや働き方改革、地方の関係人口拡大などを推し進めようとしています。それらを実現していくためにはテクノロジーの活用は不可欠であり、すでに社会課題に直面している地方ほど、テクノロジーがもたらす変革に対応し、地域に実装できる人材が求められています。
本プロジェクトでは、地域にテクノロジーを実装していくことで地方の課題解決のアプローチやスピードに変化を起こす「地域のシステムエンジニア」を募集します。
南相馬市では、国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」に基づき、「福島ロボットテストフィールド」の整備が進められています。この世界に類を見ない一大研究開発拠点では、まだ未完成にも関わらず(2020年春全面開所予定)、年間1万人もの研究者が来訪し、すでに陸・海・空のフィールドロボットの実証試験が180件以上行われています。
そんな全国の研究者や地元の中小企業とも交流しながら、地域の課題や資源にテクノロジーを掛け合わせることで、暮らしの満足度の向上や賑わい創出につながる新たなビジネスを生み出していきます。また、こうしたビジネスを複数展開していくことにより、南相馬市が目指す「ロボットのまち」の実現を担っていくことも目指します。


説明会に参加する

目指す未来

・「地域のシステムエンジニア」というコンセプトが地域に浸透し、課題解決にテクノロジーを活用する風土が生まれている
・テクノロジーに対する地域住民のリテラシーが高まり、システムエンジニアと住民が共創している
・技術と経験を持ったシステムエンジニアが地方に活躍の場を見出し、技術と人材の流動性が高まっている

求める人材

・プログラマーやシステムエンジニアとしての実務経験があり、テクノロジーを地域課題解決へ活用していくことに情熱を持っている
・自治体や企業、地域住民と共創してサービスやプロダクトを開発するプロセスを楽しめる
・コミュニケーション力および行動力がある

パートナー

藤井靖史(アドバイザー)

1977年生まれ。京都府出身。国内企業、外資系企業、海外ベンチャーと渡り歩き、帰国のタイミングで現在の奥さんと結婚するために東北へ移住。仙台にて株式会社ピンポンプロダクションズを設立。代表取締役就任。2012年にKLab株式会社とのM&Aを行い、EXIT。現在は会津大学産学イノベーションセンター客員准教授. また, CODE for AIZU ファウンダー, 内閣官房情報通信技術総合戦略室オープンデータ伝道師, 総務省地域情報化アドバイザーなども務める。

前田諭志(アドバイザー)

株式会社デザイニウム代表取締役。香川県出身、1998年会津大学入学を機に福島県へ。2005年にデザイニウムを設立、ウェブ、モバイルアプリ、デバイス連携アプリ等の開発を行う。また創業時より地域に軸足を置いた活動を展開、コミュニティとの連携による人材育成やエコシステムに強い興味がある。