Fun to Farm

地域の未来に向けて農業ができること

エリア : 西条

テーマ : 農業 / コミュニティ

プロジェクト概要

四国最大の経営耕地面積を誇る西条市は、ベテラン農家も若手農家も活発に農業を営んでいます。地域農業の力をさらに高めるために、新規就農者の適切なマッチング、農産物の新たな活用や販路の開拓、農家民泊などを活用した交流人口や観光人口の増加など、まだまだ多くの可能性が考えられます。これまで表面化していなかった課題や可能性などを丁寧に見つけ、関係者と協力しながら新たなビジネスを作っていきます。
「Fun to Farm」プロジェクトは、西条市農業水産課が中心となり取り組んでいる新規就農支援および農作業ヘルパーのマッチングのための取り組みです。NCL西条ではこの農業支援の仕組みを行政とともに運用し、新たな事業開発も行います。既存の生産者と新規就農者とをつなぐコミュニティの運営をしながら、空き家を活用した宿泊事業や研修制度の運用、農産物を使ったレストラン、プロダクト開発など、西条市における農業の可能性をさらに広げる動きへと発展させていきます。

説明会に参加する

目指す未来

・西条市での新規就農者へのストレスが少なく、スムースなマッチングと就農が可能になる
・農業と食品、飲食、流通、観光などの間での連携が促進し、農業や農産物を強力なコンテンツと捉えた新たなビジネスが生まれる
・関係人口を増やすことで、農業に触れる人が地元だけでなく、全国から集まるようなネットワークができる
・生産者と消費者/事業者ともに地元消費への意識が高まり、Farm to Tableが盛んに実践される

求める人材

このプロジェクトでは2名の起業家を募集します。それぞれが独立した事業を展開するか、あるいは複数名で共同創業することも可能です。

1.事業開発ディレクター(募集終了):これまでの農業を継承しながら、未開拓の可能性を積極的に見つけ、着実に事業化する。また様々な資源や事業を組み合わせることで、生産者や行政、消費者など様々なステークホルダーと補完関係を築き、存在感を発揮できる。NCL西条の他のプロジェクトともうまく組み合わせてビジネスへとつなげる。

2.コミュニティディレクター:空家を活用した農家民宿を開設し、新規就農体験、農作業ヘルパー、観光やインバウンドなど、様々な人を迎え入れ、農業を中心としたコミュニティネットワークを構築する。

西条市役所 農業水産課

西条市は、温暖な気候と豊かな地域資源に恵まれ、古くから地域の基幹産業として農業が営まれてきました。しかし、近年、農業従事者の高齢化や人手不足により、この地域の農業を担う人材が減少している状況にあります。
これからの未来に向けて、また次世代へと産業を繋いでいくために、「農業を真剣に楽しむことのできる環境づくり」を地域が一丸となって作り上げ、新たに農業に携わる方々の受け入れに全力で取り組んでいきます。

Next Commons Lab西条事務局

安形真
地域活性化の観点から農業を始め、農家レストラン経営や市民農園運営を行う合同会社アグリホリックを設立。東海地方の若手社会起業家を育成する「東海若手起業塾」コーディネーターや三河山間地の起業支援業務をこなす。2016年から内閣府地域活性化伝道師を拝命。

高田裕明
元商社で入社3年目でトップ営業になる。その後教育業界に活躍の場を変え大学での非常勤講師になるなど異色の経歴をもつ。世界一周や本の出版など有言実行する行動力を持っている。国家資格「キャリアコンサルタント」を所有し多くの方の相談に乗った経験を活かし、蝶ネクタイをつけ西条市民の方との心の距離を縮めている。

古賀あつみ
元作業療法士であり、カウンセラー、マッサージセラピスト。昨年1年間ニュージーランドを旅している最中にリトリートセンターやスモールコミュニティでの生活を体験。日本でもコミュニティ作りに関わるため、移住を決意。稀に見る癒しキャラでチームのムードメーカー。