Sports Community Business

スポーツのある暮らし

エリア : 湖南

テーマ : コミュニティ / まちづくり / その他

プロジェクト概要

スポーツは子どもから高齢者、健常者、障がい者を問わず、様々な人が楽しむことができ、健康にも寄与するアクティビティです。また言葉を多く使わずにコミュニケーションが可能なので、日本人と外国人が一緒になって取り組むこともできます。湖南市でできるスポーツの選択肢を増やしたり、取り組みやすさや施設の充実などを図ることで、多くの市民の日常にスポーツを根付かせ、また競技としても盛んに行われる環境と文化を創っていきます。
2020東京オリンピックで正式種目となる3x3(3人制のバスケ)のコートを作り、積極的な普及に努めていく。障がい者スポーツの間口を広げ、競技人口を増やしていく。世界中のマイナースポーツに光を当て、湖南を中心に普及させていく。公園を活用して、スポーツの要素を取り入れた子どもの遊びを開発する。スポーツを通して様々なコミュニティを生む傍ら、施設運営や会員制のクラブ活動、競技大会の開催によるスポンサードなど、地域に根ざしたスポーツビジネスを目指していきます。

説明会に参加する

目指す未来

・年齢や国籍を問わずあらゆる市民がスポーツを通してコミュニケーションをとれる
・健康な体を維持することに一人ひとりが関心をもち、実践することで、健康寿命が伸びる
・気軽に体を動かせる環境・場所が湖南市内のいたるところにある

求める人材

・バスケットボールをはじめ、多様なスポーツに精通している
・スポーツビジネスに関心がある
・子どもから高齢者までを巻き込む新しいスポーツづくりに挑戦できる
・外国人や障がい者など様々なバックグラウンドの人たちとコミュニケーションができる

パートナー

牧貴士(高縞企画 企み屋/クリエイティブディレクター)

1981年大分県生まれ滋賀育ち。立命館大学経営学部卒業。 大阪、東京で営業代理店を経て、2005年catchtheclimaxを創業、2011年滋賀にUターン。リサーチ、企画、コンセプト設計を主とした高縞企画設立。コンセプト設計、コピーライティング、戦略立案などが得意分野。領域問わず0.5歩先の新しいモノゴトを思考し、作り出すのが得意。

長砂伸也(Next Commons Lab 湖南)

1988年群馬出身。3.11をきっかけに、農業や地域コミュニティに興味をもつ。
野菜の卸会社、NPO支援の公益財団法人、Webマーケティング会社を経て自立。
湖南市では老若男女が交流できる場づくりを目指して無料の駄菓子屋を小さくスタート。
一人ひとりの挑戦を応援し、最初のハードルをさげることがミッション。