Spatial Design

空き地・空き家をゼロ空間から特別な場所へ

エリア : 南相馬

テーマ : コミュニティ / まちづくり

プロジェクト概要

空き家・空き地の増加は全国的課題となっていますが、東日本大震災を機にゼロからまちづくりをはじめている南相馬市は、その活用方法の幅が広くポテンシャルのある地域です。特に、原発20km圏内にあたる小高区は、空き家の取り壊しが進み、街の中に空き地が数多くあります。また、中心市街地である原ノ町駅前の商店街にも空き店舗が多くみられ、こういった空き家・空き地の利活用によるまちなみ再生や賑わいの創出が求められています。
このプロジェクトでは、空き家・空き地の利活用を個別案件のみで考えず、エリアで考えることを重視します。まずはスモールエリアで、連鎖的に利活用事例を積み上げることで、どんな質のエリアにしていくかを地域内外に示しつつフォロワーやファンを増やすことが考えられます。
徐々に範囲を広げながら、地域の文脈や歴史を活かしたリノベーションがエリア一帯に広がっていくことで、地域外の人はもちろん地域内の人びとにも、まちの価値を再認識してもらうことを目指します。それは、交流人口の拡大にとどまらず、自ら住むまちに誇りをもち活動する人の増加にも繋がり、長期的には人材流出を抑えるでしょう。
行政との連携も重要なプロジェクトです。空き物件の用途変更などに加え、道路・河川・公園といった公共空間を、民間が利活用し利益を生むことが出来るよう、規制緩和の交渉などが必要かもしれません。
空き物件を活用したイベントやマルシェの開催、コミュニティスペースやカフェの運営など、事業アイデアの可能性は無限大です。ぜひ一緒に、まちの未来を変えていく一歩を踏み出しましょう。


説明会に参加する

目指す未来

・スポットのリノベーション物件が互いに相乗効果を生み、まちの資産価値が向上している
・まちの歴史や文脈を重視し、空き物件の潜在的な価値を見出し編集することで、地域内外から永く愛されるようになる
・有休不動産を積極的に活用する機運が、不動産オーナーの方々の間で高まっている

求める人材

・地権者やその他関係者との交渉・営業において適切なコミュニケーションをとれる
・単独の空き地・空き家リノベーションにとどまらず、好奇心をもって様々な可能性やアイデアをエリア一帯で試せる
・遊休不動産の活用やリノベーションに興味・関心がある方、または建築・不動産業界の知識を有する

パートナー

Next Commons Lab 南相馬

震災により多くが失われた地域を舞台に新しいプラットフォームを整備し、起業サポートとそのコミュニティを通して、町の未来と次の社会のかたちを創造しています。現地企業である株式会社小高ワーカーズベース及び、コーディネーター、南相馬市が協働し、空き物件・空き地の課題に取り組む起業家をサポートします。

木幡貴光(庭師 / 株式会社コワタ・アドバイザー)

福島県南相馬市出身。東京農業大学造園学科卒業。2003年より12年間アメリカで造園家として活動し、2009年にクリス・インターナショナルのCOOに就任。個人邸庭園だけでなく、病院や更生施設のヒーリングガーデン、ホワイトハウス前に位置するザ・モールの庭園設計・施工など、規模の大小を問わず幅広く活躍する。震災後、故郷南相馬への想いを強くし、2015年に株式会社コワタの仙台営業所に着任、帰国。現在は地元の為に、庭園設計・施工に取り組む。

募集の詳細

職種

ラボメンバー

勤務地

福島 >南相馬

業務内容

政府は、人手不足や少子高齢化などへの対策として、シェアリングエコノミーや働き方改革、地方の関係人口拡大などを推し進めようとしています。それらを実現していくためにはテクノロジーの活用は不可欠であり、すでに社会課題に直面している地方ほど、テクノロジーがもたらす変革に対応し、地域に実装できる人材が求められています。

本プロジェクトでは、地域にテクノロジーを実装していくことで地方の課題解決のアプローチやスピードに変化を起こす「地域のシステムエンジニア」を募集します。

南相馬市では、国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」に基づき、「福島ロボットテストフィールド」の整備が進められています。この世界に類を見ない一大研究開発拠点では、まだ未完成にも関わらず(2020年春全面開所予定)、年間1万人もの研究者が来訪し、すでに陸・海・空のフィールドロボットの実証試験が180件以上行われています。

そんな全国の研究者や地元の中小企業とも交流しながら、地域の課題や資源にテクノロジーをを掛け合わせることで、暮らしの満足度の向上や賑わい創出につながる新たなビジネスを生み出していきます。また、こうしたビジネスを複数展開していくことにより、南相馬市が目指す「ロボットのまち」の実現を担っていくことも目指します。

契約形態

活動支援金

活動支援金:起業・独立するための支援金として、毎月20万円程度の報償費を最大3年間支給します。(年度毎に見直しあり)※尚、プロジェクトを通して起業もしくは共同創業し、支援期間中であっても収入を得ることができます。

期間

原則1年毎にプロジェクトの取組状況・成果を勘案し、最大3年まで延長可

目的

地域へ移住や定住することが目的ではありません。各プロジェクトで設定されたテーマや課題に対し取り組み、事業化や起業へと繋げるべく成果をあげてください。

起業形態

起業家・ラボメンバーとして、1年毎に更新(最大3年間)。個人で起業・独立を目指す「起業型」とプロジェクトパートナーと共に事業の立ち上げを目指す 「共同創業型」があります。

応募資格

応募資格:本プロジェクトはローカルベンチャースクールの制度(=地域おこし協力隊制度を転用)を活用するため、以下の条件を満たす必要があります。

・3大都市圏内・外に限らず、都市地域および政令指定都市にお住まいの方(全部条件不利地域*の方は対象となりません。また、一部条件不利地域にお住まいの方は区域によって違いますので、各地域の市役所にお問い合わせください。)

・採用後は市内の該当地域に住民票を異動していただける方

* 特別交付税措置に係る地域要件確認表
http://www.soumu.go.jp/main_content/000483768.pdf

提出書類

応募に際しては、以下の書類をご提出いただきます

1.履歴書
※写真を必ず添付してください
※必ず携帯以外のメールアドレス(フリーメール可)を記入のこと
※PDF形式でご提出ください

2.職務経歴書
※PDF形式でご提出ください

3.事業計画書/企画書(様式自由)
※以下の内容を含む
・将来的に自身で立ち上げたいと考えているビジネスやプロジェクトについて、
 企画背景、企画概要・コンセプト、向こう3年のスケジュールと収支計画、事業体制などを記載のこと
・ その他自身の経験やスキルを活かせる分野、関心の高い分野について記載のこと
※PDF形式でご提出ください
※提出して頂いた応募書類は返却致しません
※事業計画書、参考(日本政策金融公庫さまより)
https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

求める人物項目

*以下に該当する採用時点で18歳以上の方で、性別は問いません

(1) Next Commons Labのビジョンに共感し、新しい社会づくりに前向きに取り組める方
(2) 活動内容について自ら積極的に活動ができる方。企画/ディレクション能力がある方
(3) 住民と協力しながら、地域資源を活用し、新しい事業開発に繋げられる方
(4) インターネットを含む様々なメディアに対応した情報発信ができる方
(5) 最長3年間の活動期間中に自ら起業し、その後も継続する意志のある方
(6) 普通自動車運転免許を取得している方

選考ステップ

1. エントリー 
随時受付 ※着任が決定した場合は、クローズとなることがございますので、あらかじめご了承ください

2. 書類選考

3. 一次選考
東京・大阪・オンラインなどにて一次選考を行います。

4. 二次面接
現地にて二次面接を行います。

5. 最終面接
各自治体と現地にて面接を行います。

6. 内定

*面接の結果は面接後1週間程度で、メールにてお知らせいたします。
*個別の合否理由についてはお答えしておりませんのでご了承ください。
*2次面接及び最終面接は現地にて開催いたします。
*面接会場までの交通費や滞在にかかる費用はご自身でご負担いただきます。
*採用者が決まり次第プロジェクトの募集は終了いたします。