Local Trading

地域の宝を売り込む地域商社

エリア : 宮崎

テーマ : ものづくり / デザイン / 流通

プロジェクト概要

2014年、内閣府は地域商社事業を、人口減少時代における社会課題の解決手段の1つとして位置付けました。

この背景には、6次産業化によって様々な特産品や加工品が生まれたものの、生産者と顧客とをつなぐ商社機能に欠け、多くが失敗に終わったことがあります。

宮崎県新富町は、この教訓を生かし、2017年に地域商社「こゆ財団」を設立。新富町産のライチをそ1粒1,000円の価値になるまでブランディング。都心の百貨店や高級フルーツ店などへと販路を開拓しました。

その他にも、全国トップクラスの生産量を誇るきゅうりやピーマンといった野菜や果物、鶏卵、牛肉、さらには日本遺産に認定されたばかりの古墳群など、多くの資源が眠っています。

これらの資源を商品・サービス化し、ローカルブランドやインバウンドなどの成長市場に投入していく人材を募集しています。

 地方都市には何もない、という固定概念を覆し、本当に価値のあるものを都市部に届けることで外貨を獲得。得られた利益は生産者に還元するだけでなく、町の将来を担う人財の育成に投資をする。行政が設立した他に類を見ない地域商社で、地域を持続可能にするために、一緒にチャレンジしてみませんか。

説明会に参加する

目指す未来

・商品・サービスのブランド化による顧客の獲得
・新富町内の生産者の収益向上
・商品・サービスの販路拡大による新富町ブランドの確立

求める人材

・地方の商品・サービスの販路開拓に興味のある人
・地域商社の目的や事業内容に関心のある人
・地域にコミットした働き方を求めている人

岡本啓二(こゆ財団執行理事)

新富町出身。1999年に新富町役場に入庁。農業など数々の部署を経験し、まちおこし政策長補佐を経て2017年4月より現職。財団全体の事業運営に加え、新規事業開発、商品開発の統括もつとめる。三納代神楽の舞い手であり、地域の子どもたちの指導役も担っている。