Local Internship & Schooling

地域のすべてが学びになる

エリア : 弘前

テーマ : コミュニティ / 教育 / まちづくり / その他

プロジェクト概要

多様な人が集い、知識や経験や技術を持ち寄り、成長する場所・自己実現の場所・革新が起こる場所として『まち全体をキャンパスにする』というNCL弘前のビジョンを具現化するためのプロジェクトです。弘前で活躍するプレーヤーや企業の課題解決、また地元での人材育成など、継続的自律的にそうしたことへの取り組みができる仕組みをつくっていきます。
コラーニングスペースHLS弘前が進めている「弘前まちなかキャンパスプロジェクト(仮称)」とも連携しながら、地元の課題をリサーチし、個別プログラムを開発、マッチングとコーディネートをしていきます。

ローカルインターン事業では、地元のプレイヤーや企業と「インターン生」のマッチング事業を実現します。学生や若者が地域のプレイヤーや企業のもとで経験を積むことで、新しい働き方や生き方の発見があり、地域との繋がりが増えていくはずです。また、地元プレーヤーにとっては、新規事業開拓や将来の担い手育成・採用にも繋がっていく可能性があります。学生だけに限らず、社会人の副業をはじめとして、肩書きや世代を超えて多くの方が参加できるプログラムに広げていくことで、インターン先へ様々な知識や経験、技術が流れ込んだり、参加者間の交流から新しいビジネスやプロジェクトが生まれていく仕組みを目指します。

スクール事業では、ローカルインターンに参加する人の裾野を広げていく重要な役割を担います。インターンプログラムへの参加をする前段階として、学びの場をプロデュースしていきます。地元プレイヤーを中心とした様々な技術や経験を持つ講師のもとで誰もが学べる場を企画し、インターンや課題解決のプロジェクトへと参画するきっかけを創出します。地域の人だけでなく、この学びの場自体が着地型の観光コンテンツとなり、外部の人も積極的に呼び込んでいきます。ローカルインターン事業と連携しながら、インターンに参加したり、新たなプロジェクトを立ち上げるという動線をつくっていきます。

説明会に参加する

目指す未来

・誰もが学びまたは教える機会を得ることができる
・学生や若者が弘前の魅力を多面的に知ることで、地元で働いたり、起業する機会が増える
・地元を盛り上げたり課題を解決するためのプロジェクトが数多く立ち上がる
・地域内外の多様な立場の人の間にコミュにてケーションが生まれる

求める人材

このプロジェクトでは2名の起業家を募集します。それぞれが独立した事業を展開するか、あるいは複数名で共同創業することも可能です。

1.インターンコーディネーター
・ローカルインターン事業において、地元のネットワークを最大限に広げ、インターンを通した価値創造を行う
・学生や若者の育成やキャリアプランニングに関心があり、コミュニティづくりができる

2.プログラム開発ディレクター
・様々な学びのプログラムの開発・コーディネートができる
・開かれた学びのプログラムを事業化していくことができる

パートナー

辻正太(株式会社BOLBOP/コラーニングスペースHLS弘前)

1982年生まれ。奈良県吉野町出身。東京大学教育学部卒業後、11年間、埼玉の中高一貫校で担任・体育教師として熱い毎日を送る。世の中が大きく変わろうとする中で、学校の中で育てきることの限界を感じ、転職を決意。
新たな学びの場づくりを模索して、2016年4月に株式会社BOLBOPにジョインし、7月に縁あって青森県弘前市に移住。2017年4月、世代や地域を超えて、多様な人々がともに学び、ともに未来を切り拓く場、コラーニングスペースHLS弘前を設立。1年で約80回のイベントを開催し、弘前に新たなコミュニティを生み出しながら、学びと共創の場づくりに奮闘中。

インタビュー

地域社会の未来のため、活躍できる人材を育成<コラーニングスペースHLS弘前・辻正太氏>



ー弘前での関わりを教えてください


埼玉の私立高校で教員をしていましたが、熱い毎日を送る一方で、学校の中では育てきれないと感じていました。10年後にはAI(人工知能)やロボット技術などの進歩により、今の仕事の65%がなくなるといった話(※)があり、学校の中だけで今後の社会に活躍できる人材を養成することには限界があると改めて考えます。
2016年に11年間勤務した高校を辞め、「新しい学びの場を作りたい」と大学時代の先輩が代表を務めるBOLBOPに参画。そして、青森・弘前に移住。コラーニングスペース「HLS(Heart Lighting Station)弘前」を2017年4月に立ち上げました。
※文部科学省提出資料より、キャシー・デビッドソン氏(ニューヨーク市立大学教授)の予測



ーこれまで関わられた中でどのような可能性を感じていますか?


HLS弘前を立ち上げた理由は2つありました。一つ目は地域社会で活躍できる人材の育成です。弘前は18万という人口規模の街に6大学もある学都で、学生と地域を結びつけやすいのではという側面がありました。全国からまちづくりの分野で活躍するゲストをHLS弘前にお招きしたイベントでは、地域づくりや街の未来に想いをもった学生と社会人が積極的に交流し、ともにプロジェクトに取り組み始めるなど、たくさんの共創が生まれています。
二つ目は、青森はいわゆる課題先進地域という点です。人口減少や少子高齢化、空き家の増加など、解決しなければいけない地域の課題が山積。他県よりそのスピードは早いです。こういった課題を解決できるノウハウや培った経験は、これからの社会を支えていくうえでも、大きな財産になると考えています。



ーパートナーとして、本プロジェクトにどのような思いや狙いがありますか?


10年後、20年後、またはその先の未来を作っていくといった事業です。何か結果がすぐに出せるわけはないため、周囲からの理解を得るのも難しいかもしれません。しかし、だからといってやらなければいいということではなく、誰かがやらなければいけない。今からでも遅いくらいと考えています。
また、学生に地域に触れてもらうのは、街への愛着や郷土愛を育んでほしいからです。街の取り組みに学生時代から関わることで、地域社会に役割を持ち、地域に貢献できる人材を育成します。いったん県外へ出るようなことは仕方ないかもしれません。しかし、再び弘前へ戻って活躍できるような人材を増やしていければと考えています。



ー本プロジェクトのやりがいや苦労はどのあたりにあると思われますか?


このプロジェクトは未来へのまさに先行投資です。すぐに利益が生まれるわけではありませんが、事業のマネタイズは考え、継続性を考えながら進めていく必要はあります。苦労があるとすれば、地域活動は行う一方でビジネスの側面は持ち合わせている必要があり、そのバランスではないでしょうか。
やりがいもすぐに得られるようなことではないかもしれません。しかし、私はこの一年という活動の中で、多世代が交流する場を作り、人と人とのつながりの中で、新しい出会いやイベントが生まれ、たくさんの人が動き出す瞬間に立ち会うことができました。



ー本プロジェクトで伴走する起業家に期待することを教えてください


外から来た目線だからこそ、中の人が感じていないような価値を見つけ、活かしていく方法を考えてもらいたいです。課題に気づいてもらうことも大事だと思いますが、外部から来たコンサルティングという視点では地元の理解を得られることは難しい気がします。
コミュニティの中に入り込み、一緒に考えるというスタンスを大事にし、学生をどんどん巻き込みながら地域の抱える課題を考え、将来の人材を育成していく。そんな活動をともに目指していきたいです。