Hub Vietnam

西条とベトナムその先のアジアネットワーク

エリア : 西条

テーマ : ツーリズム / 流通

プロジェクト概要

ベトナム・フエ市と友好都市協定を締結した西条市。これまでに培ってきたネットワークをベースに、双方にある資源や人材をより細やかに発掘しつなげることで、個人起業家の(スモールスタート)ビジネスを想定した西条市-ベトナム間の新しいプラットフォームを構築します。起業家がより自由に行き来することで、相互に資源やマーケットの交換、起業家同士のコラボレーションなどが活発に行われます。
起業家はまず自らの経験や関心をもとに、ベトナムのネットワークを活かしたビジネスを西条で構築します。例えば、西条の情報発信をしながらベトナムや周辺諸国から西条へのインバウンド事業を立ち上げたり、ベトナムの伝統産業を活かしたものづくり事業、双方のマーケットリサーチと地元企業などへのコンサルティング事業など。産業、文化、経済状況などの違いを理解し存分に活かすことで、いくつものビジネスチャンスが生まれます。
ベトナム周辺のアジア諸国までを視野に入れ、拠点開発を進めるなど、西条を基点にアジア諸国へと起業家同士のネットワークを広げ、また現在進行しているNCL台湾などとも連携しながら、広域的なコミュニティを形成します。


説明会に参加する

目指す未来

・西条とベトナムを行き来する起業家がいることで、技術や知識の相互交換がなされる
・他自治体や事業者がベトナムに進出する際に、蓄積したノウハウを持ってコンサルティングができる
・西条を拠点に、ベトナムとのビジネスプラットフォームが確立され、また文化交流が盛んに行われる
・西条の起業家や企業が積極的にベトナムのマーケットでビジネスを展開する
・ベトナムをはじめとするアジア諸国から西条に、ビジネスや観光で多くの人が訪れる
・HUB台湾との共同などで、より広域的なアジアのネットワークが活性化する

求める人材

海外、特にアジアでのビジネス経験がある。コミュニケーション能力が高く、ベトナム語を理解する。豊富なビジネスアイデアをもって、事業やプロジェクトの種を見つけ、自ら積極的に動くことができる。

パートナー

高橋邦之(NPO法人ポレポレ 代表理事)

バルト三国エストニアの高齢者女性の雇用創出に関わった経験から、手工芸品の流通支援、技術協力などを通じて新興国の社会的課題の解決に取り組む。2013年より非識字者の女性の自立支援、生計向上を支えるカンボジアのNPO「Stung Treng Women’s Development Center(以下SWDC)」と協働開始。SWDCの工房で手織りされているシルク製品「メコンブルー」の日本での販売を担う。2015年からベトナムの伝統工芸の不振にあえぐ宮大工や革職人たちを支えるシューズブランド「サイゴンソーシャライト」プロジェクトも開始。AERA「アジアで勝つ日本人100人」に選定。

インタビュー

2つの市を繋ぐ「地域づくりの新たな担い手」<NPO法人ポレポレ・高橋邦之>



―HUBベトナムプロジェクトの魅力と可能性についてお聞かせください


ベトナムは商機の広がるメコン経済圏にあって、活気のある元気な国。日本にとっては生産拠点としても、マーケットしても、期待が持てるフロンティアです。一方、出稼ぎによる農村コミュニティの分断やインフラの未整備など、社会課題が累積しています。
西条市はベトナム中部の街フエ市と「友好都市提携」を締結しています。ですので、本プロジェクトは単なる経済活動にとどまらず、国際協力を志向している方には、とても良い環境だと思います。2つの市を繋ぐ「地域づくりの新たな担い手」として、このチャンスを活かしてほしいですね。



―これまでの仕事で学んだことを教えてください。


生産者の魅力を伝え、モノを介した心の交流を学びました。私は、社会起業家を支援する中間支援団体に約10年間、ボランティアで参加し、チームを組んで、経営戦略や今後の活動展開などへの助言や支援を行ってきました。
また2011年からは生計向上、人道支援のNPOを立ち上げ、手工芸品のマーケティングや、専門家派遣による技術協力、他団体と連携し、織り手女性のためのメイクアップのワークショップや映画上映会などにも取り組んでいます。
一連の活動をつうじて、受益者の力を信じ、寄り添うこと、非営利的団体が受け皿となりさまざまなステークホルダーがそれぞれの力をもちよって人に優しい暮らしやすい社会を創りだすことの大事さを痛感しています。


 

ー高橋さんとベトナムとの関わりを教えてください


フエ市はかつてグエン朝の首都であり王宮がありました。70年以上前に王朝は滅亡し、建築物や装飾品を生みだす職人さんたちの仕事も少なくなっていきました。彼らの卓越した技術と伝統の継承発展のために今のライフスタイルに適う「サイゴンソーシャライト」というエシカルブランドが立ち上がり、流通支援に挑戦中です。



―ベトナムで活躍できる人物像についてお聞きします


やはりベトナムで暮らす人、働く人にどれだけ誠実に向き合えるかだと思います。それと、ベトナムにたいする愛情ですね。本プロジェクトに応募される方は、ぜひクリエイティブに課題を解決することや多種多様なニーズに応えること、外部との連携を深めていくことにチャレンジしていただきたいです。ひとつでも多くの企画・取り組みを実施し、検証・改善を進め、小さい成功事例を積み重ねることが大事です。伴走しますので、一緒に開拓していきましょう!

応募の詳細はこちら

募集は終了しました。