Local Art Project

地域発アートコミュニティ拠点

エリア : 南相馬

テーマ : コミュニティ / その他

プロジェクト概要

2012年3月から南相馬市の臨時災害放送局「南相馬ひばりエフエム」パーソナリティーを務め、被災したさまざまな人の話を聞くうちに、ご自身も南相馬市小高区に移住して暮らしはじめた小説家の柳美里さん。彼女が店長を務める本屋「フルハウス」では、今後多方面への展開を予定しています。毎週土曜日にゲストを招きイベントを開いたり、劇団の運営をしたり、コミュニティカフェを開いたり......。そういった多様な活動の根底には、原発事故後帰還率二割と人口が激減してしまった南相馬市小高区に、賑わいを取り戻したいという想いがあります。
まずは、劇団の立ち上げやイベント運営に関わる様々な業務を行いながら、アーツマネジメントの前提となる知識・経験を積んでいただきます。米国では一定のスタンダードを持った職能として位置づけられているアーツマネージャーの日本におけるあり方を模索し、柳美里さんの挑戦に伴走しながら、アイデアを形にしていける人をお待ちしております。

説明会に参加する

目指す未来

・地域で街の本屋・劇場が存続するビジネスモデルの確立
・心の豊かさに寄与するアートを気軽に楽しめる社会
・アートを通じて様々な人とつながりを持てるコミュニティ形成

求める人材

・本、演劇など、広く芸術文化への興味と情熱があること
・芸術家や関係者の調整役として、突発的な対応や要求を実現する粘り強さがあること
※劇団制作の経験があると尚可

パートナー

柳美里(作家 / フルハウス店長)

1968年生まれ、神奈川県横浜市出身。18歳で演劇ユニット「青春五月党」を旗揚げ、1993年「魚の祭」で岸田國士戯曲賞受賞。1996年「フルハウス」で泉鏡花文学賞、野間文芸新人賞受賞。1997年「家族シネマ」で芥川賞受賞。東日本大震災の1カ月後から南相馬に通い、2012年3月から臨時災害放送局「南相馬ひばりエフエム」パーソナリティーを務める。2015年4月に南相馬市に移住。2017年春に開校した小高産業技術高校の校歌を作詞(作曲は長渕剛)。2018年4月9日に本屋「フルハウス」開店。