Horse Sharing

千年続く馬事文化のあたらしい可能性

エリア : 南相馬

テーマ : ツーリズム / コミュニティ / その他

プロジェクト概要

千年以上の歴史を持つ相馬野馬追。震災や原発事故はもちろんのこと、古くは戦争、大飢饉など多くの予測不能な事態を住民と馬が乗り越えながら、今日まで継続された神事です。現在も150頭前後の馬が市内で飼育され、庭先に馬がいることは南相馬の日常風景となっています。 これまで年に一度の神事以外に馬が活用される場面はありませんでした。このプロジェクトは馬を遊休資源と捉え、馬事文化が色濃く残る地域において本格的なホースビジネスの立ち上げを目指します。
地域で既に飼っている馬をシェアし新たな経済活動を創ることは、地域全体でコストを分散し、予測不能な未来において馬事文化の持続可能性を高めることになります。牧場や住民の方々と協力して、乗馬レクリエーションやホースセラピーなど、G1優勝馬や重賞制覇馬など名だたる名馬がいる南相馬だからこそできるあらたなビジネスを創造します。

説明会に参加する

目指す未来

・馬の飼育コストを地域で分散し、飼育の持続可能性を向上
・馬事文化が地域内だけでなく、誰でも体験できるものになる
・文化の下支えをする馬が日ごろから活用され、新たな経済活動を産む

求める人材

・地域文化・社会を理解し、相手に寄り添った交渉ができる
・動物を愛し、人間と動物が共生する世界を志す
・好奇心をもって地域にある様々な資源を調査・発掘し、その魅力を引き出す情報発信ができる

パートナー

山下敏義(株式会社Grune 代表取締役)

福島県南相馬市出身。2級建築士資格を有するとともに、ARやVRに関連する開発案件を多数手がける。工学部建築学科を卒業後、スイスのソフトウェア開発会社においてソフトウェア開発に従事。ドイツにおいて、ソフトウェア開発にあたる。
2013年、独立起業。福島県南相馬市および宮城県仙台市においてソフトウェア開発事業を立ち上げるとともに、インドネシアに開発拠点を開設し、エンジニアの育成に取り組む。
相馬野馬追いの伝統文化を支えるために、地域で繋養されている馬を共有するサービス、シェア馬で2016年福島ベンチャーアワード東邦銀行賞を受賞。