Animal Welfare

こにゃん市役所プロジェクト

エリア : 湖南

テーマ : 動物 / コミュニティ / まちづくり

プロジェクト概要

こにゃん市プロジェクトをはじめ、かねてより市をあげて動物との共生を模索する湖南市。多様性豊かな市民と、個人で譲渡動物の保護活動を行うNCLのコーディネーターとともに、新たな動物との共生社会を創り上げます。拠点としてこにゃん市役所を設立し、市民が楽しみながら参画できる仕組みと、動物にとって生きやすい環境を整備していきます。

(こにゃん市役所の担当者から)
 湖南市には、にゃんこの職員がせわしなく働いている「こにゃん市役所」があるにゃ。こにゃん市役所はこにゃん市長をふくめ職員はみんにゃにゃんこだにゃ。税金(会費)を払えば、遠くに住んでいてもこにゃん市の市民になれるにゃ。職員は動物管理センターの里親募集中のにゃんこたちだにゃ。こにゃん市役所は動物愛護のために、里親マッチングの仕組みづくりや場所づくり、イベントの企画・運営、いろんにゃグッズの製作・販売や、情報発信をするにゃ。にゃんこを愛するみんにゃからの税金(会費)を、よりよいにゃん社会にするため、大切に使っていくにゃ。そんなにゃんこの居場所・こにゃん市を湖南市につくるにゃ。

説明会に参加する

目指す未来

・人間と動物が共生する社会が生まれる
・湖南市が動物福祉の先進地として認知されている
・愛護や保護の対象としてだけではなく、様々な動物が価値創造の源泉となっている

求める人材

・動物の扱いやペット業界などに精通している
・人間と動物の共生社会の創造に熱意を持って取組むことができる
・湖南市において行政や市民と積極的に連携をしながら事業を創造できる

パートナー

谷畑英吾(湖南市長)

1966年9月11日生まれ。2004年11月7日に湖南市長に就任。今は4期目を務める。
仮想都市「こにゃん市」は、湖南とこにゃんを掛け合わせて何かできないかとの市民からの相談に、ネコ市長とネット選挙を掛け合わせようと、始まりました。これを更に進化させて、面白い発想で、くだらなくもワクワクする新しいまちづくりを湖南市で一緒にスタートさせましょう。

光田三穂(Next Commons Lab 湖南)

開発現場にはじめて評価または品質保証、改善チームを作るという新しいチーム作りを長く経験。その経験から、ステキな仕事をするには「ひとりよりチーム」でより良い仕事をするにはどんなチームがいいだろうと考えるように。そんなとき、Next Commons Labの「アップデートされた共同体」の形を探求するとのミッションに出会い、共感したので一緒に実現したいとコーディネーターとして参画することに。

募集の詳細

職種

ラボメンバー

勤務地

滋賀 >湖南

業務内容

どの地域にも魅力的なヒト、モノ、コトがありますが、あまり知られていなかったり、大きな可能性を持ちながら眠っていることもあります。地域で活動する若い起業家や生産者、ものづくりに携わる事業者などは、独自のアイデアや技術、素材を活かしたプロダクトを作っています。そうしたものを少しずつ発掘し、またマーケットに合わせて開発や編集を施し、発信をしていきます。近江米や近江牛だけではない、地域の特産品を、魅力的なプロダクトとしてプロデュースし、ふるさと納税の仕組みなども利用することで、全国に流通させることができるでしょう。結果的に地域経済を活性し、新たなチャレンジをする若手の起業家などを支援する流れを作っていきます。NCL湖南の他のプロジェクトとも協働し、プロダクトだけではなくツアー企画、あるいは地域の情報なども含めた、湖南のあらゆるモノコトを魅力的なパッケージで打ち出していきます。

契約形態

業務委託契約

活動支援金

活動支援金:起業・独立するための支援金として、毎月16万円程度の報償費を最大3年間支給します。(年度毎に見直しあり)※尚、プロジェクトを通して起業もしくは共同創業し、支援期間中であっても収入を得ることができます。

期間

原則1年毎にプロジェクトの取組状況・成果を勘案し、最大3年まで延長可

目的

地域へ移住や定住することが目的ではありません。各プロジェクトで設定されたテーマや課題に対し取り組み、事業化や起業へと繋げるべく成果をあげてください。

起業形態

起業家・ラボメンバーとして、1年毎に更新(最大3年間)。個人で起業・独立を目指す「起業型」とプロジェクトパートナーと共に事業の立ち上げを目指す 「共同創業型」があります。

応募資格

応募資格:本プロジェクトはローカルベンチャースクールの制度(=地域おこし協力隊制度を転用)を活用するため、以下の条件を満たす必要があります。

・3大都市圏内・外に限らず、都市地域および政令指定都市にお住まいの方(全部条件不利地域*の方は対象となりません。また、一部条件不利地域にお住まいの方は区域によって違いますので、各地域の市役所にお問い合わせください。)

・採用後は市内の該当地域に住民票を異動していただける方

* 特別交付税措置に係る地域要件確認表
http://www.soumu.go.jp/main_content/000483768.pdf

提出書類

応募に際しては、以下の書類をご提出いただきます

1.履歴書 
※写真を必ず添付してください
※必ず携帯以外のメールアドレス(フリーメール可)を記入のこと
※PDF形式でご提出ください

2.職務経歴書
※PDF形式でご提出ください

3.事業計画書/企画書(様式自由)
※以下の内容を含む
・将来的に自身で立ち上げたいと考えているビジネスやプロジェクトについて、
 企画背景、企画概要、コンセプト、スケジュール、収支計画、事業体制などを記載のこと
・ その他自身の経験やスキルを活かせる分野、関心の高い分野について記載のこと
※PDF形式でご提出ください
※提出して頂いた応募書類は返却致しません
※事業計画書、参考(日本政策金融公庫さまより)
https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

求める人物項目

*以下に該当する採用時点で18歳以上の方で、性別は問いません

(1) Next Commons Labのビジョンに共感し、新しい社会づくりに前向きに取り組める方
(2) 活動内容について自ら積極的に活動ができる方。企画/ディレクション能力がある方
(3) 住民と協力しながら、地域資源を活用し、新しい事業開発に繋げられる方
(4) インターネットを含む様々なメディアに対応した情報発信ができる方
(5) 最長3年間の活動期間中に自ら起業し、その後も継続する意志のある方
(6) 普通自動車運転免許を取得している方

選考ステップ

1. エントリー 
随時受付 ※着任が決定した場合は、クローズとなることがございますので、あらかじめご了承ください

2. 書類選考

3. 一次選考
東京・大阪・オンラインなどにて一次選考を行います。

4. 二次面接
現地にて二次面接を行います。

5. 最終面接
各自治体と現地にて面接を行います。

6. 内定

*面接の結果は面接後1週間程度で、メールにてお知らせいたします。
*個別の合否理由についてはお答えしておりませんのでご了承ください。
*2次面接及び最終面接は現地にて開催いたします。
*面接会場までの交通費や滞在にかかる費用はご自身でご負担いただきます。
*採用者が決まり次第プロジェクトの募集は終了いたします。