勤務日数や時間といった規定はあるのでしょうか?

プロジェクトにより異なります。地域おこし協力隊の制度を用いる場合は一般的には16日程度の活動実績が必要となります。詳細は個別の地域、プロジェクトごとに異なりますので、選考の過程で募集地域の担当コーディネーターにご質問ください。

複数のプロジェクトに応募することは可能ですか?

複数プロジェクトへの応募は可能です。選考も個別のプロジェクトごとにおこいます。ただし複数プロジェクトへの着任はできません。

地域への移住が必要なのでしょうか?

住民票の移動が前提となります。ただし、活動に必要であると認められた場合は、複数拠点での活動や生活も可能です。

起業経験がないのですが大丈夫でしょうか?

現在着任しているメンバーの大半は、以前まで起業の経験がなかったメンバーです。ただし0から地域に移住し起業活動を行うことには、相応の負荷や負担がかかります。こういった負荷に対して、地域コーディネーターによるサポート、メンタルヘルスの専門家によるヒアリングやケアといったシステムの構築、他起業家からのインキュベーションや伴走といった仕組みの整備を進めています。

任期や期限などはあるのでしょうか?

地域おこし協力隊の制度を使う場合、任期は最大3年となっています。着任後1年単位での契約の更新を行います。

正社員として勤務することになるのでしょうか?

起業家としてプロジェクトに取り組むため、雇用関係を伴う正社員といった扱いではありません。一般社団法人Next Commons Lab や現地のパートナー企業からの業務委託といった形で契約を結び、最低生活保障となる報酬を提供します。

実際に現地を見たいのですが、可能ですか?

選考の過程で、現地にご訪問いただきます。また各地域のコーディネーター主催で、現地の視察ツアーなどを予定しております。詳細は各地域facebookページなどをご覧ください。

すでに着任している起業家の方の話が聞きたいのですが、可能ですか?

説明会では、既に活動をしている起業家の先輩をお招きする場合もあります。ぜひ説明会にお越しください。