Worldwide Tourism

世界と繋がるツーリズム

エリア : 南三陸

テーマ : 学び / ツーリズム

プロジェクト概要

おもに外国人の方をターゲットとして、南三陸に来訪していただき、自分だけが知るお気に入りの場所になるための仕組みを作っていきます。
南三陸が取り組む循環型社会への挑戦、ラムサール条約登録湿地でもある志津川湾の絶景、森・里・海すべてが揃う自然環境と、それを保全しようとする人びとの取組み。こうした地域の取り組みを伝えることはもちろん、
既に事業化を推進しているワイナリーやこれから立ち上がるブルワリーなどのプロジェクトとも連携することで、南三陸の魅力を最大限に体験できるようなシナリオを設計、外国人の方を誘致します。

南三陸では、観光協会を中心にすでにつながりのある台湾との関係に重点をおき、新たなインバウンドを構築し始めています。
本プロジェクトでは、台湾との繋がりをさらに強いものにしつつ、その他アジア、欧米諸国からも多くの人が南三陸に来訪していただくための仕組み作りを行います。

<業務内容>
南三陸町観光協会をベースに、町内の様々な団体活動(サスティナビリティセンター、南三陸研修センターなど)とともに業務を推進します。
まずは既に取り組んでいる日本語学習を目的とした台湾向けの団体誘致、国内の英語圏出身者がいる大学へのアプローチを推進します。この業務を通じて南三陸の魅力発信と外国人誘致の可能性を実感していただきます。
次のステップとして、観光として世界中の方が南三陸のことを知り、来てくれるための仕組み作りに取り組みます。日本のローカルに目を付けた世界中の代理店などと連携し、トリップ系ITサービス(aribnbなど)を駆使して日本の都市部に飽き足らないマニアックなツーリズム思考を持つ顧客を呼び込みます。
同時に、南三陸の最大の特徴である循環型社会作りを通じたサスティナビリティの体験、学びのコンテンツを構築し、観光で来た方が南三陸をもっと知りたくなり、プログラムに有料で参加する仕組みを作ります。

-条件-
活動支援金:200,000円/月
※社会保険、雇用保険、住宅補助、自動車貸与あり、コワーキングスペース使用可

説明会に参加する

目指す未来

・どこにても南三陸での体験を思い出して心のよりどころとする人が世界中に存在する
・南三陸で学んだサスティナビリティの知恵や知識を自国でも実践しようとする人がいる
・来訪者の体験から興味をもち、新たに南三陸に来訪しようとする外国人の方が増える

求める人材

インバウンド事業プランナー(1名)
・協調性が高く、仲間と全力で目標に取り組める方
・事業構築の経験、またはスキルがある方
・旅行することが好きな方
・英語のスキル(読む、書く、話す)があればなお望ましい

パートナー

及川和人(一般社団法人南三陸町観光協会 総務企画部門チーフ)

宮城県南三陸町の出身。大学進学で町を離れる。平成21年に観光協会が法人化、第三種旅行業を開始したのを機に南三陸町にUターン。震災後は町内外で震災前から構築してきた観光交流のネットワークを活かしながら、南三陸ならではのツアー・プログラムの造成や、国内のみならず特に震災後にご縁の出来た台湾を中心に観光客誘致活動や情報発信など、「観光」を通した地域再生、まちづくりを実践している。趣味は登山、自転車、旅行など。