sanjo venture

自由提案<三条>

エリア : 三条

テーマ : 編集 / ものづくり / まちづくり

プロジェクト概要

Next Commons Lab 三条では、新潟県三条市の市街地においてプレーヤー同士のつながり、コミュニティの醸成、新たな人の流れ、そういったものを画策し、地域に必要とされるような場所を育てるため、まちの本屋さん「SANJO PUBLISHING」を立ち上げました。

書店の経営をしながら喫茶店と編集室を併設する、あたらしいタイプの本屋さんをかたちにし、相乗的に賑わうまち全体の未来を描こうと取り組んでいます。将来的にはより直接的なまちづくりも担えるように始まったプロジェクト。今回この「SANJO PUBLISHING」の取り組みとの相互作用から新たな価値を生む、起業家マインドあふれる人材を募集します。

たとえば、編集やデザインをやりたい人、地元企業と商品開発に取り組みたい人、お酒を創りたい人、小売業や宿泊業など地域に根付いた事業を立ち上げたい人など内容は自由です。これからの社会を見据えた、志あるプロジェクトメンバーと一緒に自分自身の手であたらしいビジネスを創出するために考え、実行する方を募集します。


説明会に参加する

目指す未来

・熱意ある起業家が地域に根付き、立ち上げた事業が継続できている
・起業に限らず、地域に根付く「無いものは自分たちでつくる」風土を醸成する
・本を掛け合わせることで、あたらしい地域の可能性をつくる

求める人材

起業家(1〜2名)
(1) Next Commons Labのビジョンに共感し、新しい社会づくりに前向きに取り組める方
(2) 自らの手で事業を立ち上げたい方
(3) まち全体に相乗効果を生みだそうと取り組める方
(4) 積極的に関係者や地域の方とコミュニケーションを取る姿勢を持てる方
(5) 業務を通じて自身の成長につなげる意欲のある方

募集の詳細

職種

新規事業開発 / 起業家候補(1〜2名)

勤務地

新潟>三条

業務内容

NCLのビジョンを共有し、NCL三条では「SANJO PUBLISHING」の取り組みと相乗効果を生む新規事業を開発することを想定しています。

例えば)
・編集やデザインをやりたい人
・地元企業と商品開発に取り組みたい人
・お酒を創りたい人
・小売業や宿泊業など地域に根付いた事業を立ち上げたい人など

契約形態

三条市特別任用職員

活動支援金

月額171,200円
自治体から支給される(地域おこし協力隊)給与です。その他、賞与等が支給され通年で勤務すると年収240万円程度になります。
※勤務地に赴任する際の旅費、引越しに要する費用などは自己負担とします。

待遇及び福利厚生

(1) 住居のアパート等の家賃を一部補助します。
(2) 健康保険、厚生年金、雇用保険等の社会保険に加入します。
(3) 事前に届出し、許可が下りれば兼業を行うことができます。

勤務日数

週5日間

勤務時間

原則 午前8時30分〜午後5時(1日7時間30分勤務、昼休憩1時間)
※事業形態によって勤務時間は調整可能です。

応募資格

NCLは、自治体とパートナーシップを組み、起業型地域おこし協力隊制度を活用しております。よって、自治体の地域おこし協力隊としても赴任するため応募資格として以下の条件を満たす必要があります。

1. 三大都市圏をはじめとする都市地域にお住まいの方(*1)(全部条件不利地域の方は対象となりません。また、一部条件不利地域にお住まいの方は区域によって異なりますのでお問い合わせください)
2. 採用後は三条市(勤務地)に住民票を異動して現場で活動いただける方
3. 地方公務員法第16条(*2)に規定する欠格条項に該当しない方
4. 普通自動車運転免許を取得している方、又は活動開始までに取得できる方
5. 1年以上、最長3年間勤務を継続できる方
6. 18歳以上の方(令和3年4月1日時点)

(*1) 特別交付税措置に係る地域要件確認表
http://www.soumu.go.jp/main_content/000483768.pdf
(*2)地方公務員法第16条
  次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、
  又は競争試験若しくは選考を受けることができない。
  一 成年被後見人又は被保佐人
  二 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  三 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者
  四 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあつて、第六十条から第六十三条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
  五 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

選考ステップ

1. エントリー
応募に際しては、以下の書類をご提出いただきます。エントリーいただいた方から随時選考を進めます。
①履歴書
※写真を必ず添付してください
※必ず携帯以外のメールアドレス(フリーメール可)を記入のこと
※PDF形式でご提出ください

②職務経歴書
※PDF形式でご提出ください

③事業計画書/企画書(様式自由)
※以下の内容を含む
・将来的に自身で立ち上げたいと考えているビジネスやプロジェクトについて、企画背景、企画概要、コンセプト、スケジュール、収支計画、事業体制などを記載する
・その他自身の経験やスキルを活かせる分野、関心の高い分野について記載する
※PDF形式でご提出ください
※提出して頂いた応募書類は返却致しません
※事業計画書、参考(日本政策金融公庫さまより)
https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

2. 書類選考

3. 一次面接(東京/現地)

4. 着任予定地フィールドワーク(現地)
事前に着任予定地にフィールドワークに行っていただきます。レポートの提出はありますが、選考ではありません。ミスマッチをなくすためのステップになります。

5. 最終面接(現地)
各自治体と現地にて面接を行います。
※自治体との最終面接までに作文(800字)の提出が必要となります。

6. 内定
・フィールドワーク、最終面接にかかる費用(交通費、宿泊費等)は、ご自身で負担いただきます。
・募集期間中、希望者には応募に関する個別相談に応じます。open@nextcommonslab.jpまでご連絡ください。
・個別の合否理由についてはお答えしておりませんのでご了承ください。