Greengrocer 2.0

八百屋2.0 野菜のスペシャリスト

エリア : 弘前

テーマ : 農業 / 流通

プロジェクト概要

弘前といえばりんご栽培が有名ですが、野菜の生産も非常に盛んに行われています。八百屋は、本来生産者と消費者をつなぎ、野菜や果物の魅力を伝え、持続的な生産現場と豊かな食卓をサポートする役割を担うスペシャリストでした。大型商業施設などに押されて地域の八百屋さんは減少傾向にありますが、やはり地元の生産&消費事情に精通し、日々の暮らしに密着した彼らの存在は非常に魅力的です。このプロジェクトでは、そうしたこれまでの八百屋としての役割も果たしつつ、さらにバージョンアップした、野菜や果物の総合商社のような新しい八百屋を目指していきます。ただ生産者と消費者をつなぐだけではなく、一般消費者や事業者のニーズに対応し、農作物の可能性を最大限引き出せる存在になります。そうすることで、これまでは流通にのらずに消費しきれていなかった野菜の利用を拡大し、地元産の野菜を地域で消費する流れをより促進することができます。
弘前を中心に精力的に野菜販売を手がける『ひろさきマーケット』の高橋信勝氏のもとで学びながら、新たな事業開発と消費・流通文化の創造に向けて動いていきます。

説明会に参加する

目指す未来

・弘前産の野菜が地元で愛され多く消費される
・廃棄野菜などがなくなる
・弘前といえば美味しい野菜
・全国の事業者から引き合いがある

求める人材

・野菜が好きで農業などの基礎的な知識を持っている
・経営的視点から持続的な事業設計ができる
・生産者、消費者それぞれの立場で考えることができる

パートナー

高橋信勝(合同会社ひろさきマーケット 代表社員)

合同会社ひろさきマーケットは、会社理念の『三方良し』の考えのもと
(1)お客様とブランド農家の方を繋ぎ、喜んでいただけること
(2)生産者の方のこだわりや様々な想いが詰まった野菜をお客様にしっかりとお届すること
この2点が我々の役目であり、責務だと考えております。
いい食材は、人の心を豊かにします。我々はそう信じ、今日も全力で人と、食材と、向き合います。